未来応援隊 隊長大場の想い

60才からの挑戦!

ある日の昼間。 効率を好み娘と天然で物が、捨てられない妻との会話に、”ハッ!”とする。

 

当時、娘は、風水にこっており、それを基に、家族を繁栄させるための、

改善箇所をチャックしていたようだった。

 

そこで、やり玉になったのが、天然で物が捨てられない妻の部屋だった!

「え~!! なんでこんなに物が多いの? 少し使わないものは、捨てたらどうでしょうか?」

と・・・効率を好む娘。

妻「・・・」 私はその様子をみて ”ヤバイ! はじまる。娘の容赦ない攻撃が・・・”

天然で物が捨てられない妻 VS 効率を好む娘の冷戦

 

当時の妻の部屋の写真を皆さんにも、お見せすれば、

効率を好む娘の心情もご理解いただけるでしょう。

でも、そんな場面は、どこかにあるのでは?

 

そこで、うちの家族だけでなく、他に片づけられずに、

困っているの方々の平和と繁栄のために、60才を過ぎた身体を、

片づけに捧げることを決意しました。